スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くぱぁとは何ぞや?

『くぱぁ』

ご存知か?

もうね、日本終わり。
こういう女がどんどん出てきたら終末です。

週末じゃないよ終末。

仏教に云う末法、キリスト教ではアルマゲドンかな?
最後の審判がそこに来ている。

『くぱぁ』。
女性器を開いた様の謂い。

詳細はいつもの通りグーグル先生に聞いてくださいね?
YYCは、URLは削除という仕様ですので。

ツィッターで自分でまんこ開いちゃって見せてる女の多いこと多いこと。
知ってる人は知っている。
でもまともな女性はご存知ないのではないか?
・・と思いたい。

・顔写ってないし
・みんな見せてるし
・男は喜ぶしあたしもウケて嬉しいし誰にも迷惑かけてないし

そんな思いなのか、無防備に晒される”まんこ”、”おめこ”、”ぼぼ”、”べっちょ”の数々、死屍累々・・。
あ、死んでないけど。

もちろんこの風潮を悦ぶ男もいるだろう。
それどころか大喜びだろうなぁ。

今俺が高校生なら嬉しいかも。否定しない。
マス掻き放題。
おかず天国。
ノーモアエロ本!

でももし俺の彼女が『くぱぁ』してたら・・・高校生の俺でもがっかりするだろうとは思う。

そして今。
子供のいない俺だがもし娘がいてスマホでまんこをご開帳してたら?

きっと泣くだろうな。
育て方を誤った自分を責めるだろう。
やはり変態の子は変態か・・と。

きっと俺の娘は率先してまんこ見せていただろう。

ああよかった、子供がいなくて!


・・・・。

”ってそういう終わり方でいいんですか?”


では、コホン。

『おまんこは 彼にだけそっと 見せましょう』

ううん、いい標語だなあ。(笑)




あまりに即物的でグロいだけ。
色気のかけらも感じないとのご意見が多数ありました。
同意です。


7822.jpg


ff5f9f13.jpg




ブログランキングに参加しております。
ぜひとも押してくださいませ。
アダルトブログランキングへ

性欲起爆の瞬間

久しぶりのセックス。
対象が旦那・女房でも恋人、不倫相手でも構わない。

エッチしたくなっている時に相手と会う。
そしてある瞬間、理性がはじけ飛び本能の赴くままに行動する。

誰しも覚えのあることだろう。
だが、人により秘めた性欲を開放したくなるきっかけは様々だ。

①相手の顔を見た途端まんこが濡れてきちゃう
②手をつないだら勃起する
③キスしたらもうわけがわからなくなって
④服を脱いでいる様を見ていたらもうダメたまらん
⑤性器を舐められたら
⑥結合したら

③以降は正常だ。
いや。
⑥はちょっと遅すぎかも。

俺は睾丸の貯まり具合にもよるが
③かな?
キスしているとその気になる。

さて。
ここで質問。

女性ってちんこを見ると興奮しますか?

以前、エッチに消極的な女と付き合っていた頃の話。
俺の部屋に遊びに来た女とテレビを見ていた。

エロチックなムードは全くなかったのに、女が妙な顔をして俺を無言で見つめていることに気付いた。

「なんだこいつ、どうしたんだ?」

唾を飲み込み、吐息が荒い。
顔を赤らめている。

その表情を横目で見ていて理解した。

夏場で俺はかなり際どい短パンを履いており、意図してではなくちんこときんたまがはみ出していた様で彼女の視線はどうやらそこへ。
ハミダシに気付いたが今さら直すのも気恥ずかしくそのままでいた。

ちんこをチラ見しているようだ。

で、その夜。

それまでまんこ見せるのも恥ずかしがっていた上、フェラもただ義務的だった子なのに。
明るい部屋でまんこ全開。
ちんこもしゃぶり尽くしてくれました。
舐めるのがあんなに好きだとは思わなかった。

性の開花というのかな?
その後はとてもエッチになりました。

どこでスイッチが入るかわからない。
女の魅力は底知れません。



暑いですね。
今日もまた どこかで誰かの ハミちんが


A4CFA4DFA4C1A4F3.jpg




ブログランキングに参加しております。
ぜひとも押してくださいませ。
アダルトブログランキングへ

一人称による女の性格診断

仕事や学業とは関係ない日記、ブログなどの私的な文章において、どのような一人称をお使いか?

俺は『俺』を使いコメントやメールでは『私』を使う。
この使い分けは俺なりに意味がある。

『俺』という一人称にはどこか不遜な響きがあり嫌悪される可能性が高い。
『私』の方が一般的であるし『僕』『ボク』だとずっと優しくなる。

だがそうやって日記やブログを読んでくれる人に対する気遣いを持つと、間違いなく内容にも影響が出てきて表現に気を遣うこととなる。
結果、どうでもいいようなスカスカ記事の完成である。

そもそも俺の日記をお気に入りに入れてくれている方は、”為になる”とか”いい話だなぁ”、”これはメモしておかないと”などという人はいない。

・怖いもの見たさ
・過激な表現が面白い
・変なオヤジだなあ
・そうだそうだもっと女の悪口読ませろ!(出会えない男)
・ああ、もっと言って、濡れてきた・・。(変態M女)

など、キワモノ好きな方が多いと承知している。

たとえば『俺はそういう女の絶滅を心から祈る』などという部分を、過激過ぎるかもと気を遣って『私はそのような女性は好まない』という屁のような文章に書き換えたらどうか?

読み巧者な皆さん、読まないでしょ?
せっかくお気に入りに入れてくれている人数、減らしたくないし。(笑)

俺は『俺』を使うと本音を書き易くなる。
『私』を使ったこともあるが、どうやら俺の普段着の一人称は『俺』のようだ。

コメントへの返事で『私』を使うのは礼儀だと思っている。
ただ読むだけではなく、感想を書いてくださる方への。

さて、字数制限もあることだしそろそろ結論を急がねば。

文章における女の一人称で一般的なものは『わたし』『私』。
これは自然で、なにも意識せずに書いているのだろうと思う。

俺が苦手なのは『あたし』。

『わたし』と『あたし』が混在する文章をよく読むが、これは一人称を特に意識せずに書いているからだと思うし気にはならない。

会話する際は発音によって『わたし』か『あたし』かは聞き取れないことがある上、話している本人もどっちでもいいと思っているだろう。

口語で『あたし』しか使わない女は子供かオミズ系でしかお目にかかったことがない。

だが。
とことん『あたし』と文章で表記する方々がいる。

こういう人が苦手だ。

なんだか怖いほどの自意識を感じる。

”あたしはわたしではないのだぞ、あたしなんだぞ。”

口語でも『あたし』と言っているのだろうか?

一時期有名だった”きっこのブログ”というのがあった。今もある。

社民党を愛し原発事故を機に南へ母親を連れて疎開(?)したけど東京近辺で見かけたという情報が頻発していた人。
いい加減なマスコミ記事を丸呑みして保守系議員を口を極めて罵るのがお好きな女だ。

俺はこの女が大嫌いなんだが、この人ブログでは石に齧り付いても『あたし』。

それ以来、文章で『あたし』を選ぶ女は自意識が肥大したバカな女という偏見が定着した。

もし貴女が『あたし』のみを使用しているなら。
こういう読み方をする人間がいることをご一考ください。

もちろん、個人の自由だし俺は偏見の塊りであるのでお腹立ちかもしれない。。

でもね?
いい年に達した女性が「あたし」って・・いかが?

50過ぎの男の「ボク」が許せる人は少ない気がするけど。



こんなオヤジの日記より人気ブロガーのきっこさんの方がよっぽど為になりますが・・。


41zq5dH.jpg


lkdds.jpg



ブログランキングに参加しております。
ぜひとも押してくださいませ。
アダルトブログランキングへ



再度、潮吹く女

まんこに指を入れGスポットといわれる、2関節分差し込んだ辺りの膣壁前面を刺激し続けることで感度が一気に高まり、女性がおびただしい液体を放出する現象を潮を吹くという・・らしい。

らしいというのは。
童貞喪失以来、37年。
実際に潮を吹いた女は2人しかいないから。

これについては言い訳をする。

俺の性遍歴の上半期は性的な情報を得ることが難しい時代であった。
ネットもなかったしプレイボーイ、GORO、ポパイなどという昔懐かしい男性雑誌には女にモテるテクニックはあってもGスポットなんて記事はなかった。
せいぜいクリトリスの責め方くらいしか知らなかった。

そして下半期は、インターネットの普及で様々な情報はあったが。
クンニと変態趣味に目覚めてしまい、別の意味で女性を悦ばすことが使命と心得、現在に至る。

というかですな。
俺、ここでいい人を気取るつもりはないが。
なんか、まんこに指突っ込んでかき回すのって可哀そうでできなかった。

”痛くないかな?”、”傷つけたらどうしよう?”、”爪伸びてないだろうな”

一応俺、Sだが。
いやドSと自負してるんだが。

一昨年、出会い系にデビューして、潮を吹かれた経験は以前書いた。

一人目はクリ舐めてて顔に飛んできた。
ピュッて。

二人目はまんこ弄ってたらダラダラ流れ出して知らないうちにシーツがびしょ濡れになっていた。

・・・?

ということはGスポット関係なく潮吹く女もいるわけであって・・。

実は、俺の彼女。
なんとか一回くらい潮吹かせたくてGスポット弄ってると潮吹かない上にバックで入れることをせがむんだ。
これも理解できない。

なんか、酒飲んでてまたもやまとまりのない内容になってきたぞ困った。(笑)

さて、これお読みの女性の皆さん。

貴女、潮吹きますか?吹きませんか?

更に吹く方へ質問。

膣の中への刺激は必要?不要?

痴的好奇心が増すばかりの50オヤジです。



どうやら吹かない女性もいるようです。
どちらでもいいんだが、濡れたシーツが気になるのであまり量は吹かないで欲しい。


2013112422002.jpg


vaginoplasty0402.gif


ブログランキングに参加しております。
ぜひとも押してくださいませ。
アダルトブログランキングへ



日記を読んで濡れてもらえたら・・

かなりの頻度で日記を書いている。
いや、ここよ、ここでの話。

プライベートで日記帳広げて鉛筆舐めながら”○月○日晴れ”とか書いてないのでご安心ください。そこまで変じゃないしあるいはそこまで書き留める日常の変化はない。

ここに書いている日記は公開が前提だから厳密に言えば日記ではなくブログみたいなもんだ。

エロ要素を封印して真面目に書いているブログがもう4年続いているがそっちは月に10回も更新してないから閑古鳥が鳴いている。
とある映画の感想が結構読まれているが、毎日訪れる人は50人前後の貧相なブログである。

それに比してここでの日記は閲覧数は多いし、コメントでダイレクトな感想を頂けて止められず中毒状態だ。

頻繁な日記更新を続ける俺が、読んでくれる方にお約束できる事がいくつかある。

・面白い日記を書き続けること?
いや・・そうできればいいが、作家でもなんでもないおっさんには無理。

・出会い系での必勝法の伝授?
いや・・そんなもんがあればここで書かずに本でも書いて儲けます。

では何をお約束できるか?

それは・・。
決して短い文章や無駄な改行でお茶を濁さないこと。
詩や妙な説教、エロ写真で誤魔化さないこと。

そしてなによりも。
長文への忍耐力があり、多少難解な言い回しを理解できる読解力を有し、皮肉、諧謔、風刺を愛する知的な方に満足していただける内容を心して書いていくこと。

これが俺のお約束だ。

で。
昨日の日記に頂いたコメントに誘発されたのでもうひとつ。

これは努力目標ですが。

読んでいたらいつの間にか性器に変化を生じ、パンツの上から秘所をまさぐりたくなる日記を目指します。

俺自身が書きながら勃起できればいいのか?
・・それは難しそうだけど。(笑)



昔、有名なポルノ小説家は、書きながら己が興奮できないと原稿を破り捨てたと聞いたことがあったが。
プロって大変なんですね。


201404031600kanren.jpg


title.png



ブログランキングに参加しております。
ぜひとも押してくださいませ。
アダルトブログランキングへ


強姦はできません

別に頼まれたことはないが強姦、レイプはできない。

この日記は俺のエロい鬼畜行為が主の記録だから書かなかったが、実は俺は結構な本好きだ。
・・・。
これ別にどうだ参ったかという意味ではないので誤解しないでほしい。

先日、伊坂幸太郎を読んだ。

伊坂の本はなんかワカモノ小説って感じがして避けてた。

たぶんついていけそうもないしワカモノ嫌いだしそれ以上に

”今の繁栄を築いた先達を嘲笑しながら果実は享受し平和はOK戦争NG自分たちは関係ないから選挙なんていくわけないじゃんオッサンオバサンご苦労さん尖閣竹島分かんねえけどバイトで食える体制よろしくなどと死ぬほど苦労してる俺らのことは蔑視して義務からは逃げながら当たり前の様に権利ばかり主張する馬鹿なワカモノ”が大嫌い。
ん?
これは若者だけじゃないかも?

なんかそういう連中が読んでる気がしたんだ、伊坂。
・・だが大間違いだった。

近頃のマイブームは池井戸潤(半沢直樹の原作者)だったがほとんど読み尽くした。
東野圭吾も有川浩も読んだ。

読む本がなくなり、恐る恐る伊坂幸太郎の『死神の精度』を手に取って読んでみたところ・・。

ファンになっっちゃった。(笑)

言葉がいい。
描写がいい。
乾いている。

ハードボイルドの進化系だ。

そしてなにより。
頭悪い人はストーリーを理解できないと思う。
伏線。
詩のように思えて読み飛ばしそうな部分、変な会話、奇矯な人物。
無駄なようで無駄じゃない文章がこの人の小説だ。

一気に何冊か話題になった彼の本を購入して読むわけだが、今日読了した『重力ピエロ』について一言。

面白いし爽やかなんだが重かった。
これは読み手を選ぶかな?
(映画は見てないのでお断りしておく。見る気もない)

レイプされた妻とその夫。
先に生まれていた夫婦の子と、レイプの結果生まれた”弟”。
産むべきだったのか堕胎を選択するべきだったのか。

重いテーマをサラッと書く伊坂幸太郎。

レイプ魔が言う。(俺の意訳)

「強姦されて苦しむのは誰だよ?女だろ?俺は苦しまねえし。関係ねえよ。」

清々しいほどのクズ。

ここで本題。(遅すぎ?w)

俺は女が興奮してないとちんこが役に立たない男だ。
なのでタイトル。

(オチがなくてすみません、関東人なのでお許しを)



物騒なタイトルの割にただの読書感想文。
もうエロ日記じゃないな、これ。


51PA367G3ML.jpg





ブログランキングに参加しております。
ぜひとも押してくださいませ。
アダルトブログランキングへ


余は如何にしてスキー嫌いになりし乎(後)

熱血漢Y君の個人レッスン、仕上げは山の上から滑る実践。
1対1なので逃げ場なし。
仕方ない。
行くか。

山頂へはリフトで。
慣れないスキー板歩きでダラダラと乗り場に近づいて気が付いた。

「二人乗り?」

リフトは夏山観光で利用したことがあったが、その時のリフトは1人乗りだった。

『カップルや親子でスキーを楽しむ方々には最適なんだろうな。』

ま、俺には関係ないけど。

Y君と列に並ぶ。
ゆっくり前に進み次が俺たちの順番。

と、その時。
僅かに勾配が下っている乗り場だったせいか、俺の体が前進し始める。

わ、なんだおいおい、おい前の人と並んじゃったよマズいよこれ、おい、Yなんとかしてくれ!って・・座っちゃたよ。どうすんだこれ?

・スキー板という人間世界には不要なモノのせいで制御不能に陥り、見知らぬ人とリフトに相乗りすることになったでゴザルの巻

俺にいきなり隣席闖入されたのは若い女性であった。
推定22,3歳。

目を見開いて脅えてた。
そりゃビックリしただろうな。
リフトに乗ろうとしたらいきなり30オヤジが隣に座ったんだから。
怪しいもんじゃありませんって、充分怪しいわな。

俺は陳弁に努めるしかない

”す、すいません、スキー初めてでリフトの乗り方も分からなくて、その、滑り始めて止まらなくて、ご、ごめんなさい、後ろの奴と乗ろうとしてたんだけど、ほらあいつです、ね?”

必死の弁明に細かく頷く彼女はきっと相当怖かったんだろう。

いや?
もしかして忌まわしい生き物から逃げようと必死だったのか?
カップルシート。
すごく広い間隔を空け遠ざかって座る彼女。
これなら3人座れるなあ。
・・ってそこまで嫌われる俺って。

後ろを振り返ると・・。
顔を真っ赤にして笑いを堪えているY。
こ、殺したい!
お前が登るなどと言わなければ・・。

しかもこの先にもう一つ難関があった。
聞くべき対象のYは後ろのリフト。
彼女に聞くしかない。

「あの・・。」

ビクッと固まる彼女。

ええとナンパと間違えてませんか?
違うんだ、マジ聞きたいことがあるのだ。

「・・リフトの降りかた教えてください。」

・・・。

そうです。
俺は不器用。

で彼女は優しく懇切丁寧に教えてくださいました。

「え、降りかたって・・ストックを立てて普通に前に進めば・・。」

・・・。
”普通”がわかんないから聞いてんだよ!
お前、マジ俺がナンパ目当てで乗ったと思ってるのかよ。
困ってるんだよホントに!
ストックも今日初めて持ったんだよおおお!

「あ、そう、ストック・・普通に、はい・・。」

いよいよ頂上。

・・・。
はい、お約束通り。
俺は転倒してリフト止めた男です。

ストック立ててスーッが。
強く差し込んだみたいで動かずに転んだ俺。

気持ちいいくらい優しい係員がすかさずリフトストップ。

いやあ。
周囲の視線の痛かったこと。
悲劇・・いやいや喜劇のヒーローだったな、俺。

彼女?
もちろん。

俺を気遣うような素振りも見せず、一気にゲレンデにまっしぐら。
俺がようやく立ち上がった頃は滑っていたんじゃないかな?

その後、Y君はスキーのスの字も俺に言わなくなった。
よかった。

俺の人生の辞書にスキーという文字は今後もない。




脚色全くございません。
事実です。
2度とスキーはいたしません。


120589.jpg





ブログランキングに参加しております。
ぜひとも押してくださいませ。
アダルトブログランキングへ


余は如何にしてスキー嫌いになりし乎(前)

タイトルについて。

内村鑑三でも余でもないが、数少ない教養あるYYC人士へのアピールを試みた。分かった人はさすがだ。

予言するが。
この日記、タイトル然りノンアダルトと言い、ランキング3位に入ることはないと見た。

まあ、エロ日記読んでオナニー、エロ写真でオナニーという、実際の出会いがない悲しい人々の要求には添わない日記なので仕方ない。

未だに出会いがなく日記で性欲の解消をしている寂しい方々へ心からの同情を申し上げる。
頑張ってね。
いつかきっと願いは叶う・・気もする。
少なくともYYCへの貢献はいいことだ。
頑張って!

喧嘩を売るようだが。

俺の日記をつまらんと思う人は、写メで興奮したい人、性欲だけの人、男は若くなきゃダメ!ジジイは要らんとプロフ写真のみで日記読む人、難しい文章を理解できない人、長い文章を読むだけの耐性がない人が多い。

短いポエムと拾いもの写真で満足する輩が多いYYCだ。仕方ない。
90人余りのお気入りに入れてくれている教養ある方々に向けて今夜も書こう。

・・まあ、一番重症なのはこういうことを書いてる俺だが。
最近、嫌われてもいい症候群がひどいです。(笑)

さて。
俺がスキーをしない理由。

先日書いた日記で『リクエストがあれば書きます』と書いたところ、なんとたった一人のリクエストを頂き(!)お答えする次第である。
シオンさん、ありがとう。

もっとも。

54歳のオヤジがスキーを好きだろうが嫌いだろうがどうでもいいし、もっと言えばリクエストを待ってる風情のオヤジに嫌悪感を持つ人が多かったかもしれない。

俺がもし20代の女だったら

”ウゼエこと書いてんじゃねえよ、書きてえんだろ、勝手に書けや、読まねえけどよ(笑)”
と思うだろう。

わかる。その通りだ。
君、いいこというねえ?
参考のために住所と名前教えてくれる?
お礼に何か送るから。
つか家に火つけに行くぞ、こら!

なんか最近おかしいな、俺。

話戻って。

初めてのスキー。
30歳くらいだったか?
嫌々ながら行った社員旅行。
仲のいい後輩、山梨県出身のY君が素晴らしくスキーが上手い奴で丁寧に教えてくれるのだが。

①寒いの嫌い
②重度の二日酔い
③寝不足

ボーゲンだかバーゲンだかいっそバーボンがいいんだが、なんかわからんことでもう気持ちはマイナス。

ちょっとだけレッスンに付き合ってホテルに帰ろうと思ってたのに、

「一回上から滑って見ましょう、ね!」

なんかここにも松岡修造がいたし・・。

ああいう人の絶滅を祈願しつつ後編へ。




なんだか一人で会話して喚き散らしてますね。
相当ストレスが貯まってたか酩酊してるようです、すみません。



51TDP525QUL.jpg


skipicr0070.jpg





ブログランキングに参加しております。
ぜひとも押してくださいませ。
アダルトブログランキングへ


たぶん女にはわからないあれこれーちんこの始末ー

イトルは以前書いた日記の第3弾だが全く関連はない。

例によっての思いつき日記。
寛恕願う。

初めてセックスをする際のマナーは男女問わず色々あることはご理解いただけるだろう。
別に難しいことではない。
快楽を妨げることは慎み、お互いを尊重しつつ一緒にイケればいいだけだ。

断っておくが、あくまでも初回のまんこ時の注意事項である。
相性が良かったら2回目以降は性的趣味により必要ないこともあるだろう。

ただ初めて体を交わす際にはご留意いただきたい。

たとえば・・

・口臭はNGなので食い物と胃炎には注意&要歯磨きスキル
・いきなりセックスの際は汚い下着は見せないように気をつけて
・俺のようなにおいフェチには辛いが風呂入ること
・ちんことまんこはちゃんと洗う方が吉
・テレビ、ビデオ、ゲーム、カラオケに逃げないこと
・♂はオッパイの大きさに動揺しないこと、チッパイでも許す度量が必要
・♀はちんこを見て溜め息は絶対NG、その場で帰ることになります、はい
・いきなりアナルに挿入とかしな・・あ、もうこの辺でいいか?

さて、たぶん女にはわからないこととは?

失礼を承知で書くが。

上記注意事項を遵守していれば、あとはまんこが濡れていればいいのが女である。

だが、男にはさらなる過酷な試練があるのだ。

一つ、男は勃起せねばならぬ

一つ、男は簡単にイッてはならぬ。

これねえ。
女は分からないと思うよ、マジ。

あ、ちなみに男で分からないとか抜かす奴はもう俺の日記読まないでね、天敵認定するから。(笑)

なにが過酷か?

まず、相手がどんなデ○だろうが○ス(○内は同じカタカナが入りますさてなんでしょう?)であっても勃ち続けるためには果てしなき想像力が必須である。
(この肉塊はアンジェリーナ・ジョリーなんだ、黒木メイサなんだ)

タイプじゃない女を相手にちんこが固いまんまって結構しんどいんだ。

そしてもっときついのは射精を耐える時だ。

好きな女、まんこの具合のいい女との性交時、不覚にも早くイキそうになることがある。
でも、女がまだその段階じゃない時。
これがきつい。
耐えなければならないのだ。

どう耐えるか?

『こいつはマツコDXだ、いや山田花子、ううん叶姉妹だ・・ってあれ趣味だぞマズイ、イキそう・・あ、あ、あ!』

『えーご破算で願いましてえは2167円也5183円也12833円也・・って俺ソロバンできないじゃん・・あ、あ、あ!』

『ちょっと待ってね、後ろからしたい・・あぁ・今度は上に乗ってくれる?・・そうそう・・ま待ってそんなに動かないでk・・あ、あ、あ!』

ドッピュー!!

ということで、男には結構苦労があることを女性にご理解いただきたいと啓蒙活動に励む54歳のオヤジでした。



今日で7月も終わりです。
時間の経過が早く感じます。


790724angelina.jpg


81547.jpg


ブログランキングに参加しております。
ぜひとも押してくださいませ。
アダルトブログランキングへ


おっきいのが欲しい女たち

今日は恥を晒す。

陰茎の大きさに関する話題である。

何度も告白している通り、俺のちんこは威張れるサイズではない。
15センチ弱の長さは日本人では並みらしいのだが疑わしい気がする。

なぜなら。
ネットで見るエロビデオの男のモノは・・その、かなり立派で・・脱帽するばかりなのだ。

・カリがデカい
 完璧に傘が開いたマツタケちんこ

・太い
 なんか薬を注射してるのかと思うほど太い人がいる

・軽く20センチ超えてるデカい人も
 9センチの某国人を笑えない

で、答えは分かってるんですが一応お約束の質問を。

YYCの淑女たちは・・大きいちんこが好きですか?
(ちなみに慰めは要りませんw)

『大きいに越したことはないけどそれより気持ち』
こういうお答えが多い気がする。
優しい淑女が多いから。(笑)

以前出会い系でエッチした女性曰く。
「膣には神経ないから膣内の快感は幻想よ。」
などと言ってたが、本命の彼氏はデカチンだった。
なんじゃそりゃ。

なんつうか・・長さじゃなく、体積?
これが大事な気がする。

確かにまんこを圧迫するほどに拡げてくれるデカいペニスの挿入は凄い快感なのだろうと思う。俺まんこ持ってないけど。
奥まで入れられ、返す刀で開いたカリが膣口をえぐりながら出ていく際もその皮膚感覚は研ぎ澄まされ、男の想像を超える悦びを与えるのだろう。俺まんこ持ってないけど。

ただ。
デカいちんこを持って産まれたかった・・とはもう思わない。

結構な数のまんこをして来た。
見た。
触った。
舐めた。
舐めさせた。
入れた。
放出した。

その上、今はYYCで出会った素敵な彼女がいる。
彼女は俺のクンニやセックスに満足してくれているらしい・・ホントかどうかは神のみぞ知る。
(これ読んでるんで気を遣いますw)

まあ今後も、自分の持ち物の大きさと折り合いをつけて生きていきます。

まんこ広すぎる女性に当たらなかった身の幸運を喜びながら・・。




1132522293.jpg






ブログランキングに参加しております。
ぜひとも押してくださいませ。
アダルトブログランキングへ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

けん

Author:けん
齢50を過ぎてからの出会い系デビュー。
半年間、10人を超えるセックスを通して知った秘密や下半身にまつわる話題を出会い系サイトYYCに綴った日記を転載しながら公開します。
お暇な時にお付き合いください。

最新記事
YYC
ブログランキング
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
PR
PR
PR
PR
PR
PR
PR
訪問数
本日の残り時間
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページジャンプGreenDisplayEdit.

Presented by Asondara Nakamada. hen Game
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR
PR
PR
PR
PR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。